おはなしポケット =☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 自殺予防週間:鬱状態の方への関わり・声かけについて

<<   作成日時 : 2010/09/01 18:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

9月10日の世界自殺予防デーにちなんで、日本でも毎年、9月10日からの一週間を自殺予防週間としています。
このことに関連して 

『命の力が弱っている(鬱状態の)方への関わり・声かけについて』

カウンセリングに携わる者として、以下、筆足らずながらお伝えしたいと思います。



☆関わりの原則

 コミュニケーションは(非言語も含めて)言葉のキャッチボールといわれています。
 どんな内容であれ、言葉を受け止め(意味の咀嚼)、相手に返す(反応語の吟味等)には、かなりの労力(情報処理能力))を必要とします。
 従って、命のエネルギーが弱まっている方への声かけは、弱り目(実際、高度な情報処理を行う脳の前頭野の機能が弱っているとも言われます)に祟り目、それだけで過度な労力を強いてしまっている可能性があります。
 そう考えると、「声かけはしないほうがよいのでは・・」と思い、関わり全般が遠ざかってしまう場合があるかもしれません。
 しかし、『自死』と本人の感じる『無価値』 『孤独感』 『罪悪感』 が、大いに関係していることを考えると、温かい(熱い)関わりまでなくなってしまうのは本当に危険なことといえます。

・・・言葉に寄らずとも気持ちの表現形態は様々にあると思います。本人と共にあることを感謝し、そっと見守り、寄り添う・・・各々の立場で関わりをもちましょう。
  

○原則は解ったけど、「もし、声かけをするなら?」の質問もよくあります。それにお答えする形で、

命の力が弱っている方への 気をつけたい声かけ、付随する可能性のある本人の気持ち、代替案の例を以下にあげてみました。
・・・声かけのメッセージ性は(同時に発生する非言語レベルでのメッセージ性を差し引くと)20%前後と言われ、受け手の感受性によってもかなり幅が生じると言われています。・・・
表層的かもしれない声かけの理解は、しかしながら、病にかかっている本人の理解に大いに関係します。一度目をお通しすることをおすすめします。


・「原因は?」
〜はっきりしない事を聞かれても...考えてみれば、あれもこれも...あなただって(出来事に因果関係のないものはない)・・

・「元気そうだね」
〜なんて答えたらいいの。「元気でない」など言えないし。それに、そんな哀れな目で見ないでほしい。                 

・「病気には見えないよ」
〜「調子どう?」→「ええ、まあ」でもきついのに...。 【普通に流れる日常の挨拶や声かけを】

・「がんばって」
〜言う人により、心が温まる場合と、「こんなに苦しいのに、これ以上、何をガンバレと?」と強いプレッシャーや疎外感を感じさせる場合がある。(特に「しっかりしてくれないと困る」「かくあるべきに目を背けないで」が含まれてると)
 【大丈夫】【あなたのペースで】【福利厚生、調べてみるね】【・・・お知らせ(職場との連絡を保つ)・・・】


・「心の風邪ね」
〜それは、風邪のように誰でもかかる可能性があるということ。状態はそんな楽なものではない。

・「誰にでもあること 」
〜こんなきついの。明るく言えるのは、たぶんウツとは違うつらさの経験から言っているのでは。

・「気のもちようだ」
〜様々な本は読んだ。でも理屈は素通りし、心(脳)がうなずかない。(病気をよく知っているはずの精神科医やカウンセラーだってなるのです)
【一応、本人も簡単に読めるパンフレット(保健所などにあります)は置いておく】


・「そんな性格だから」
〜まじめ、完全主義、柔軟性に欠け、評価を気にしすぎ、断れず、他人に任せられない・・・自分で十分に知っている。しかし、それを否定することは、自分を・これまでの人生を否定すること、他人には言われたくない・・・さらにそれに拍車をかけているのは・・・形骸化した組織、業務分担のアンバランス、ノルマ主義、心配の預け屋・・
【まっすぐな・骨がある・責任感のある人だから・・・仕事の割り振り、考えてみるね】

・「死ぬっていうな」
〜何を言っても理解してもらえない。この辛さ、なんと言えばわかってくれるのか。【・・(死んではだめだ)・・】

・「病気のせいにするな」
〜このつらさ、他に表現できない。わかってほしい貴方だからこそ。

・「〜がいいんだって」
〜エネルギーの枯渇状態である私が動いて、それをしなさいと。それが解決法と?もう少し良くなったらできるかも知れない。でも今の私には負荷が大きすぎる。 【本人に負荷をかけないアドバイスを(例:ガムかみがいいらしい。良かったら・・・ここにおいとくね)】

・「さっき笑っていたじゃん」
〜空虚感はつねに、胸の内にある。どんなに必死で、表情をつくろっていたことか。

・「どこが病気なの」
〜あなたがいる、だから辛さを超えて、頑張って起き出した。なのに... 【養生も大切よ】

・「ほら、治った。じゃあ、ばりばり働いてもらおうか」
〜あなたは何も知ろうとしなかった。そして私は覚悟を決めた。 【無理は禁物だよ】

・「(仕事休めて)うらやましい/いいなあ」
〜かわれるものなら、かわって!

・「気ちがい?」
〜気ちがいなど。勉強して。偏見をなくして。【大丈夫、あなたはあなただもの】

・「何も言えやしない」「気を遣うのにも疲れた」
〜聞きたくない言葉や 的はずれな気遣いに応えられるのは余裕があるとき  【何かしてほしいことがあったら言ってね】【僕にできることがあったら後からでも連絡してほしい】

・「〜より、こっちのほうがいいのよ」
〜お願いしたのは 些細なこと(自分との出会いの窓口)。それさえ叶えてもらえない。 【いろいろ探したけど、これしかなかった】

・ヒュー・ガラガラ・ガガー(窓やカーテンを開ける、掃除機をかける)
〜「寒い」「まぶしい」「うるさい」・・・横になっている僕が見えないの。せめて一声かけて 【窓あけてもいい?】【カーテン開けようか】【ちょっと掃除着かけるね】・・

・「いい、遠慮しとく」
〜あなたは、様々なことを私に受け入れさせようとするが、私の示すもの(私の心)は受け入れようとはしない。
※好きになった人にプレゼントを渡そうとして断られた時の辛さ、ニッコリと受け取ってくれた時の嬉しさを思い出してみると、この場面の重要さがよくわかります。


・「意味のないことを(または、反応しない)」「あ!○○がダメに」「よけいなことを」
〜あなたは私を信頼していない。よそを向いて、私の気持ちを見ていない。やっと気力がわいてきたのに・・【ありがとう】【なるほど】【助かります】



本人の活動性が見えてきた時は、誤解されやすく、傷つきやすく、突飛な行動にも出やすいものです。今一度、温かさと、冷静さをもって、ご本人を見守る必要があります。

きつい声かけをしてしまうのは、【目の前の本人を無視した期待】【病気の無理解】【病気と本人との混同】のためといわれます。ですが一方、関わる方自身の抱える【様々なストレス】【睡眠不足】【疲労】等からも生じやすいものです。

本人は、病気によって、冷静な判断力が乏しくなっている場合があります。この状態での重大な決断(退職、離婚等)は、望ましくないことが多いものです。最終決定まで、できる限り時をのばし、その間、可能な制度(会社の福利厚生制度、保健所などでの家族の相談等)を活用しましょう。
  しかし、本人の立場に立てば、充分に納得できることを主張していることも多くあります。世間体や損得感情抜きにご本人の言葉に耳を傾けることも、一方で大変重要なことと言えます。


 『死ということ』について
・これは生物学的な死とは別に・・総てやるべき事を果たした後に、神が自然に誘って下さる時あるいは場所であると、個人的に考えています。
・そのことをテーマにした童話を別途に掲載しています。宜しかったらお読み下さい。 ぼくらのキセキ


人気ブログランキングへ




深化版EFTタッピングセラピー
楽天ブックス
フィリップ・モンローズ/ジェーン・モンローズヴォイスこの著者の新着メールを登録する発行年月:2007



ストレス性の疲れにエゾウコギの回復力【第3類医薬品】キューピーコーワゴールドα 90錠
くすりの元気一番堂
 エネルギーの産生を助ける作用を持つ生薬成分  『エゾウコギ乾燥エキス』と、  疲労物質の排泄を促す




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自殺予防週間:鬱状態の方への関わり・声かけについて おはなしポケット =☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる